クイズで考える日本の医療 2017・春 高齢者泣かせの医療改革ってどーよ?

政府は、収入に応じて自己負担を増やすとしていますが、高齢者の収入を現役世代と単純に比べることはおかしいのではないでしょうか。もし比較するのであれば、医療費や介護費などを除いた、消費に回せる可処分所得で比べるべきではないでしょうか。 本当に医療の財源をつくるのであれば、病気になった人の負担ではなく、国庫負担を増やしたり、保険料のあり方を変えて、高額所得者が所得に応じてきちんと保険料を納めるようにすべきです。私たちは病人を所得によって区別することは、社会保障の精神に反するものであり反対です。
         政府は国にお金がないからといいますが、企業の内部留保金は370兆円を超えています。負担すべきところから税金をとって社会保障に回すことが政府の仕事ではないでしょうか。「医療・介護の負担増中止を求める署名」にご協力下さい。
必要情報を入力してください ※マークは入力必須項目です。
ご希望の景品をお選びください※
氏 名※ 年 齢※
フリガナ※ 電話番号※
例)123-456-7890
住 所※
例)123-4567
ご意見
記入が終わりましたら下の送信ボタンを押してください。
個人情報の利用は、利用目的の範囲に限り行います。
▲このページのトップに戻る