兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

健康情報テレホンサービス

2018年5月

【火曜】訪問歯科診療

 みなさまは、歯科にも、訪問診療があることを御存じですか?超高齢化社会真っ只中の現代日本では、高齢者のみなさまにとっても、やはり何でも食べられることが、何よりも大切だと思いませんか?

 介護が必要な高齢者の方々には、歯科医院に通院したくても出来ない方が、たくさんいらっしゃいます。そんな患者様のご要望にお応えする為に、ご自宅や施設に伺い、歯科治療や口腔ケアを行うのが訪問歯科診療(往診歯科診療)です。

 訪問歯科治療の対象者は、歯科医師が医院への外来通院が困難と判断した方に限られますが、歯科医院で行うほとんど全ての治療をご自宅や施設で受けることが可能です。

 虫歯、歯周病の治療、予防あるいは、入れ歯の作製、修理、調整、口腔ケアによる感染症予防、誤嚥性肺炎の予防、摂食嚥下障害のリハビリテーションなど、ここ数年で、往診先でできることがかなり増えてきました。

 中でも、高齢者の口腔ケアが大変注目されています。それは、口の中の細菌が肺に入って起こる誤嚥性肺炎で多くの高齢者が亡くなっていることがわかってきたからです。この誤嚥性肺炎の予防には口腔ケアが非常に有効と言われています。また口腔ケアのメリットはこれだけにとどまらず、お口を清潔にし、虫歯や歯周病の治療、入れ歯の手入れをして食べる機能、話す機能を保つ事は食欲を増進させ、体力をつけ、人とのコミュニケーションを可能にし、生きる意欲へとつながります。このような高齢者の生活の質(QOL(クオリティオブライフ))の向上をはかる為に、口腔ケアは欠くことのできない大切なものです。

 通院が困難になられましたら、まずは以前行ったことのあるかかりつけ歯科医院さんに問い合わせてみてください。あるいはケアマネージャさんに相談してみたり、今ならインターネットで検索すれば多数の情報が掲載されておりますので参考にされたら良いかと思います。

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
※健康情報テレホンサービス内検索です。