兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

兵庫保険医新聞

2020年11月25日(1959号) ピックアップニュース

第97回評議員会 コロナ禍の下での負担増計画に反対
患者とともに運動広げよう
再流行への備え・患者負担増中止を求める決議採択

第97回評議員会 コロナ禍の下での負担増計画に反対 <br/>患者とともに運動広げよう<br/>再流行への備え・患者負担増中止を求める決議採択 新型コロナウイルス感染症への補償を政府に求めよう--。協会は11月15日、第97回評議員会・臨時決算総会・第43回共済制度委員会を開催。評議員ら85人が参加し、2020年度前半期会務報告と後半期の重点課題、決議を承認した。特別講演では、神戸大学名誉教授の二宮厚美氏が「菅新政権と社会保障政策の争点」と題して講演した(次号以降に詳報予定)。 ...続き(2020/11/25)

声明 「大阪都構想」住民投票で反対多数
新自由主義的自治体解体政策に引き続き反対する
第1122回理事会

大阪市を廃止し、四つの総合区に分割するいわゆる「大阪都構想」の是非を問う住民投票(11/1)の結果、反対多数となり、大阪市の存続が決定した。この結果を受け、協会は11月14日の第1122回理事会で声明を採択し、関係機関に送付した。以下に声明の全文を掲載する。 ...続き(2020/11/25)

ストップ!負担増 政策解説(2)
紹介状なしの病院受診の定額負担
協会政策部

ストップ!負担増 政策解説(2) <br/>紹介状なしの病院受診の定額負担 <br/>協会政策部 政府が進めようとしている患者負担増計画の内容について、解説する本シリーズ。今回は「紹介状なしの病院受診の定額負担」をみていく。 ...続き(2020/11/25)

主張 核兵器禁止条約発効確定
核なき世界へ日本政府も批准せよ

10月24日、ホンジュラスがニューヨークの国連本部で核兵器禁止条約の批准手続きを終え、遂に批准した国と地域数が、発効に必要な50に達した。これにより、核兵器禁止条約の来年1月22日の発効することとなった。歴史的な条約の発効確定を心より歓迎する。 ...続き(2020/11/25)

特別インタビュー 姫路市医師会長 医療法人社団 石橋内科理事長 石橋 悦次先生
医療機関の減収に合わせた補償を

特別インタビュー 姫路市医師会長 医療法人社団 石橋内科理事長 石橋 悦次先生 <br/>医療機関の減収に合わせた補償を 新型コロナウイルス感染症による医療機関経営への影響は深刻--。今冬、インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行が警戒される中、受診抑制の影響はいまだ地域医療の病院経営に残ったままだ。姫路市内で広畑センチュリー病院や石橋内科、介護施設も展開する医療法人社団石橋内科理事長の石橋悦次先生に、その実情、経営保障策やインフルエンザとの同時流行に向けた医療提供体制確保の問題について、西山裕康理事長が聞いた。 ...続き(2020/11/25)

燭心

一万円札の肖像画は福沢諭吉であるが、近々渋沢栄一へ交代されるそうだ。渋沢は幕臣として渡欧。帰国直後に明治維新を迎え、新政府の大蔵省に出仕した。退官後に、第一国立銀行、王子製紙、聖路加国際病院などを設立するなど、約600の社会公共事業に関わった、日本の経済近代化最大の功労者と称される。来年の大河ドラマの主役ということで、どのように描かれるかが楽しみである ...続き(2020/11/25)
最新号PDF
バックナンバー 兵庫保険医新聞PDF 購読ご希望の方