兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

兵庫保険医新聞

2018年2月15日(1869号) ピックアップニュース

第34回地域医療を考える懇談会in姫路
医療圏統合がもたらす医師不足

第34回地域医療を考える懇談会in姫路 <br/>医療圏統合がもたらす医師不足 中播磨・西播磨医療圏の統合で地域医療はどうなる−−。姫路・西播支部は地域医療部と共催で、2月3日、第34回地域医療を考える懇談会「中・西播磨医療圏の現状・課題と兵庫県保健医療計画の改定」を姫路市内で開催し、地域の公立病院・私立病院、診療所などから医師・歯科医師ら60人が参加した。3人の演者の話題提供を受け、兵庫県が計画する中播磨圏域と西播磨圏域の統合による地域医療への影響について、出席者はそれぞれの地域が抱える課題などを紹介しながら意見交換した。 ...続き(2018/2/15)

2・3ひょうご25条集会
憲法25条の生存権守る取り組みスタート

2・3ひょうご25条集会 <br/>憲法25条の生存権守る取り組みスタート 兵庫県社会保障推進協議会は2月3日、神戸市勤労会館で「2・3ひょうご25条集会」を開催し90人が参加した。協会から吉岡正雄副理事長が、同会会長として出席し、「憲法25条と保険医協会における歯科医療改善運動」を報告した。 ...続き(2018/2/15)

燭心

医療にベストチョイスはない。医師が治療を選択する時は、患者の体に与える侵襲と治療効果を天秤にかけ、よりベターと思われる方法を選択するしかないからである。「病気」という体を蝕む厄介なものを相手にし、それを抱えている「人」というこれまた同じものが二つとない多様性のある生物を相手にするため、何通りもの解決方法が考えられる。それらを分かりやすく丁寧に説明し、患者の同意を得る ...続き(2018/2/15)
最新号PDF
バックナンバー 兵庫保険医新聞PDF 購読ご希望の方