兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

兵庫保険医新聞

2021年9月15日(1984号) ピックアップニュース

新型コロナウイルス感染症関連 第6回アンケート
往診・訪問診療への協力広がる

新型コロナウイルス感染症関連 第6回アンケート <br/>往診・訪問診療への協力広がる 新型コロナウイルス感染症への民間医療機関の対応広がる−−。新型コロナ感染症拡大による病床逼迫で、民間の医療機関にも感染者への医療提供やワクチン接種への協力が一層求められている中、協会は県内医療機関の対応状況や不安、疑問点などを把握し、厚生行政に反映させるため、会員医科医療機関に対して第6回目となるアンケートを行い、484件の回答を得た。9月8日にはマスコミ向けに報告会を開催。神戸新聞と読売テレビが参加した。 ...続き(2021/9/15)

尼崎支部 「クボタショック」から16年
尼崎市内のアスベスト被害が深刻化

尼崎支部 「クボタショック」から16年 <br/>尼崎市内のアスベスト被害が深刻化 2005年に株式会社クボタ旧神崎工場で、工場従業員や周辺住民の大規模なアスベスト被害が明らかになった「クボタショック」から16年が経過したが、尼崎市内のアスベスト被害は深刻で、被害者は増加の一途をたどっている。 ...続き(2021/9/15)

新型コロナウイルス感染症関連第6回アンケート詳報
後方病院確保へ医療体制拡充を

新型コロナウイルス感染症関連第6回アンケート結果の詳報を掲載する。 ...続き(2021/9/15)

燭心

この原稿が載る頃には、新型コロナの第5波はピークアウトしただろうか。ワクチン接種が進み、感染者、とりわけ入院患者、重症患者が減り、すべての感染者が適切な場所で必要な医療が受けられる「当然の」医療提供体制になっていることを願う。マスメディアでの「過去最高」の文言はもう見たくない ...続き(2021/9/15)
最新号PDF
バックナンバー 兵庫保険医新聞PDF 購読ご希望の方