兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

兵庫保険医新聞

2017年2月15日(1837号) ピックアップニュース

1・26中央要請行動
財務省 「ゼロ税率は制度論として正しい」

1・26中央要請行動 <br/>財務省 「ゼロ税率は制度論として正しい」 医療における消費税損税問題の解消について、財務省が「ゼロ税率は制度論として論理的に正しい」と表明した。これは、兵庫協会会員で、尼崎中央病院会長の吉田静雄先生(兵庫県民間病院協会監事・全日本病院協会元常任理事)の提起を受け、兵庫協会が1月26日に行った財務省交渉の場で、担当課長補佐が明らかにしたもの。要請は厚生労働省にも行い、国会議員、保団連の住江憲勇会長とも懇談を行った。 ...続き(2017/2/15)

日高医療センター無床化計画
住民の反対運動で議会への提案断念させる
但馬支部長  谷垣 正人(豊岡市)

日高医療センター無床化計画 <br/>住民の反対運動で議会への提案断念させる<br/>但馬支部長  谷垣 正人(豊岡市) 豊岡市日高町にある日高医療センターについて、昨年、無床化計画が発表された。この計画の経過と住民運動、支部の取り組みについて、但馬支部の谷垣正人支部長に寄稿いただいた。 ...続き(2017/2/15)

特別インタビュー 熊本地震 南阿蘇村の現状
地震を通じ地域医療の課題明らかに

特別インタビュー 熊本地震 南阿蘇村の現状  <br/>地震を通じ地域医療の課題明らかに 昨年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本県阿蘇郡南阿蘇村。加藤擁一副理事長と広川恵一顧問が、昨年12月25日、村内にある介護老人保健施設リハセンターひばりを訪れ、同施設の歯科衛生士である村本奈穂氏と、歯科医師の山口彩子先生(菊陽町・菊陽病院)、田村尚子先生(南阿蘇村・さくら歯科)に、震災後の村内の状況や課題等についてインタビューした。 ...続き(2017/2/15)

燭心

天皇陛下の生前退位が具体化しつつある。日本の歴史や憲法が絡む複雑な問題だが、有識者会議の座長が経団連名誉会長というのはいかがなものか ...続き(2017/2/15)
最新号PDF
バックナンバー 兵庫保険医新聞PDF 購読ご希望の方