兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

当協会について

保険医協会とは

【兵庫県保険医協会の概要】

設立 1969年(昭和44年)6月
会員数 7,360人(医師会・歯科医師会員)
 開業医会員 3,860人(4,553人)
 勤務医会員 1,400人(4,313人)
 歯科  会員 2,100人(3,142人)
目的 開業保険医の経営と生活・権利を守る
国民医療の充実と向上をはかる

【会員増加のあしどり】
※画像をクリックすると大きい画像がご覧いただけます

20170613_figure2.png

【便利な書籍(医科)】

20170608_figure3.png

・保険診療便覧
 実用性に優れた内容で保険診療に必携
・保険診療の要点
 基礎から実務までを簡潔に解説した初心者向け
・審査、指導、監査対策
 協会ならではの貴重な事例解説と情報が満載

組織の概要と歴史

 兵庫県保険医協会は1969年6月に設立された医師、歯科医師で組織する任意団体です。開業保険医の経営と生活、権利を守ることと国民医療の充実と向上をはかることを目的に活動しており、2017年5月には開業医師3860人、歯科医師2100人、勤務医師1400人の合計7360人を擁する県下でも有数の医療団体となっています。事業毎に医療活動部や税務経営部、共済部、政策部など18の部会と地域ごとに県下11支部を擁しています。
 兵庫県保険医協会の前身である「保険医クラブ」は1963年8月に誕生しました。当時、開業保険医は無権利状態に近い状況で、当局による診療報酬の不当な減点・審査や指導・監査が横行し、兵庫県の診療報酬の平均点数は全国の最下位にありました。こうした状況を打開し、不当な減点をなくし開業保険医の経営と生活を守るために10数人の有志によって設立されました。その後、会員を増やし、1969年6月に兵庫保険医クラブは会員数764人で兵庫県保険医協会に発展、継承されました。
 兵庫県保険医協会は開業保険医の経営と生活、権利を守る事業として、保険診療対策、臨床研究会、医院経営対策、共済事業、新規開業サポート等を行っています。

年間1万件以上の問い合わせに答える保険診療対策

 保険診療対策としては、3,000人の医療関係者が参加する2年に1度の診療報酬改定研究会をはじめ、「保険診療便覧」「保険請求の要点」「審査、指導、監査対策」などの出版物も会員限定で頒布しています。また、お電話やFAX、メールで保険請求などについて、お問い合わせいただく窓口も設置しており、丁寧で詳しい解説を専門の事務局が行っています。
 また、診療報酬改定の際には、医科歯科それぞれ現場の声を集め厚生労働省に要請。診療報酬の様々な不合理を是正しています。近畿厚生局に対しても、指導・監査の改善を求めて要請し、録音や弁護士の帯同も認められる、「個別指導での指摘事項」が厚生局のホームページで掲載されるなどが実現しています。

明日から役立つ臨床研究会

 臨床研究会としては、月に1度の診療内容向上研究会、特別研究会、在宅医療研究会、臨床医学講座などを開催。日本各地から各分野の一線の医師を招いて、日々の診療に明日から役立つ研究会を行っております。

【2015年度の医科臨床研究会の例】

「日常診療に役立つ"眼で見る"不随意運動・けいれん」 財務省診療所長
黒岩義之先生
「小児の夜尿症診療のUp-To-Date」 順天堂大学練馬病院 小児科
大友義之先生
「こころを診る技術」 北里大学医学部精神科教授
宮岡 等先生
「機能性ディスペプシアを正しく理解するために
―医療は患者のために―」
川崎医科大学消化器科
春間 賢先生
「高齢者診療において身体診察を強力な武器にするためのエビデンス」 洛和会丸太町病院 救急・総合診療科
上山剛士先生
「皮疹の診方の基本的ロジック 特に内臓疾患関連皮疹と皮膚原発皮疹の鑑別について」 社会医療法人厚生会木沢記念病院
北島康雄先生
「「離島医療はおもろいで!」
~地域医療の仕組みづくりから整形エコーまで~」
隠岐広域連合立隠岐島前病院 院長
白石吉彦先生
「女性下部尿路症状と過活動膀胱(OAB)の診療について」 兵庫県立リハビリテーション中央病院 泌尿器科 部長
仙石 淳先生
「ふつうじゃない超音波も身につけよう」 藤田保健衛生大学病院
植西憲達先生
「プライマリ・ケア医に伝えたいこと
~ポケットエコー、筋膜性疼痛、機器進歩の地域への影響力~」
弘前大学医学部附属病院 総合診療部
小林 只先生

研究会や専門家との相談などで医院経営をサポート

 節税、税務調査、相続、労務管理、医事紛争予防などさまざまなテーマでの研究会の開催、医院経営に役立つ書籍の頒布を行っています。また、「患者とトラブルになった」などの相談には、弁護士、税理士、社会保険労務士など専門家の紹介や個別相談会など、多彩なサポートを行っています。
 また、医院経営研究会会員(月額2,000円)は、上記研究会の参加費(1人3,000円)が無料、テキストとレポートの無料頒布、専門家との個別相談が無料(年に2回まで)など、さまざまな特典があります。

【医院経営に役立つ書籍】

20170623_figure7.png

『医院経営と雇用管理』 『保険医の経営と税務』 『保険医への税務調査』

【2017年度研究会カリキュラムの例】

パソコンでガッチリ日常記帳 2017/6/24
税務調査に備えて 2017/7/22
遺言と相続税 2017/8/26
閉院と医院継承 2017/10/28
医院広報のWeb活用 2018/4/28
スタッフ定着のポイント 2018/5/26

日本最大規模の医師向け共済

 兵庫県保険医協会では、医師のライフスタイルにあわせた独自の共済制度をご提供しています。万一の死亡に備える「高額保障と安い保険料」の「グループ保険」や、代診を置いても給付が受けられる「休業保障制度」、複数の国内大手生命保険会社の運用によるリスクの分散と自在性が特徴の「保険医年金」などを会員に提供しています。

【共済事業】

20170608_figure5.png

新規開業のお手伝い

 新規開業医サポートとしては、さまざまな金融機関と連携し、開業資金を低利で融資したり、勤務医のための開業セミナーや新規開業医研究会を開催し、新規個別指導対策、開業時の労務管理、税務対策などにも力を入れています。

地域の医師として住民の健康を守る

 兵庫県保険医協会のもう一つの柱が患者、地域住民とともに国民医療の充実をはかることです。医療を取り巻く問題について会員や市民に向けて発信するため、日本医師会や兵庫県医師会、全国自治体病院協議会など医療団体の幹部や大学教授などを招いた講演会やインタビューを行っています。また、患者さんの医療費負担軽減や医療制度の充実を求める署名活動などにも取り組んでいます。
 今後とも兵庫県保険医協会の事業にご理解とご協力をお願いします。

【インタビューや講演会の例】

20170608_figure6.png

(肩書きは当時のもの)

理事長挨拶 保険医協会とは 理事長のページ 協会に関するQ&A 理事会スポット