兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

健康情報テレホンサービス

2018年10月

【水曜】椎間板ヘルニア

 背骨とは、脊椎という骨が連なったものです。その脊椎の中には脊髄という神経の束があり、脊椎と脊椎の間には椎間板があります。その椎間板の中心の部分にはクッションの役割をする少し軟らかい髄核というものがあり、そのまわりに線維状の軟骨があります。
 年齢とともに椎間板は弾力が無くなり、この線維状の軟骨にヒビが生じます。このヒビから髄核が椎間板を盛り上がらせたり、外に飛び出したりして、後ろにある脊髄や脊髄から出ている神経を圧迫した状態が椎間板ヘルニアです。頸の脊椎や胸の脊椎にも起こりますが、腰の脊椎に最も多くみられます。症状は、腰では腰痛と片側の足の痛み、しびれ感、筋力低下が多くみられます。頸では、頸の痛みと片側の腕の痛み、しびれ感、筋力低下です。
 ヘルニアの発生部位によって痛みとしびれが異なります。症状所見から診断はほぼ可能ですが、確定診断またはヘルニアの部位を決めるために、エックス線撮影やMRI検査などを行います。特にMRI検査は身体に害がなく有用です。
 治療には、まず安静が必要です。そして、痛み止めや筋肉をやわらげる薬、湿布剤などの投与を行います。また硬膜外ブロックという注射も有効です。痛みが軽くなり慢性期になったら、脊柱を引っ張り伸ばす牽引療法、温熱療法、腰痛体操などの運動療法を行います。多くの患者さんはこれらの治療で治り、手術を必要としません。
 しかし、3ヵ月以上これらの保存療法を行っても症状の改善がなく、かつ日常生活に支障がある場合は手術を考える必要があります。明らかな手足の運動麻痺、排尿・排便の障害が出現している場合は緊急手術が必要です。
 最近、タンパク質を溶かさず髄核の中のコンドロイチン硫酸を特異的に分解する薬がでました。注射で治るのです。腰椎椎間板ヘルニアだけが対象で一部のタイプだけに効く薬ですが、注射で治す治療法も全国約900施設で受けられるようになりました。
 手術療法は、基本的に神経を圧迫している髄核をとる手術です。最近では内視鏡を用いて髄核をとるマイクロ手術が普及してきました。また、小さな皮膚切開による経皮的髄核摘出や、レーザーを用いた手術なども行われていますが、すべての方に適応されるわけではありません。整形外科医に相談の上、脊椎脊髄病を専門とする整形外科医を紹介してもらいましょう。
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
※健康情報テレホンサービス内検索です。