兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

健康情報テレホンサービス

2019年3月

火曜日/サプリメントの利用法

近年、健康の維持増進や病気の予防などの目的で、サプリメントを利用する人が増えています。

サプリメントとは、栄養成分や体の機能を高める成分を補うもので、「健康食品」「栄養機能食品」とも呼ばれています。体に必要なアミノ酸やビタミン・ミネラルなどの栄養成分を補給するものや、健康維持やダイエット、美容効果が期待できるもの、体調の回復のためのものなど、様々な種類があります。コンビニエンスストアやドラッグストア、インターネットなどで手軽に購入できるのも魅力です。

しかし現状は、多くの人が、それぞれのサプリメントの成分や効能・効果、留意点について詳しく知らないまま、日常的に利用しています。サプリメントを食事代わりにしていたり、より多く摂った方が効果的だと思い、摂り過ぎになっているのは誤った利用法といえるでしょう。

また、ある特定の疾患の治療に効果があるなどの医学的効能をうたっている広告や宣伝についても注意が必要です。購入時や利用時には、成分・含有量・問い合わせ先など、ラベル表示を必ず確認するようにしましょう。また、天然・自然由来成分と表示されているものもありますが、安心・安全とは限りません。アレルギーを引き起こす場合もあるので注意しましょう。

サプリメントは薬ではなく、あくまでも健康食品です。まずは、食生活や運動・喫煙・飲酒など、自分の生活習慣をチェックし、改善を心がけることが大切です。利用前には、ご自分に本当にサプリメントが必要かどうかを考えてみましょう。

健康の維持増進の基本は、規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、適度な休養です。その上で、必要な成分を補うサプリメントを選び、活用するとよいでしょう。

現在、治療のため医薬品を服用されている場合や、女性の方で妊娠中・授乳中の場合には、利用前に必ずかかりつけ医に相談をしましょう。

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
※健康情報テレホンサービス内検索です。