兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

健康情報テレホンサービス

2019年4月

【木曜日】尿潜血陽性といわれたら

腎臓から尿道までのどこかで出血し、その血液が混じった尿を血尿といいます。尿潜血反応とは、トマトジュースや、赤ワインのように明らかに赤く目で見てわかる肉眼的血尿以外のごくわずかな血尿でも発見できる非常に感度の高い検査法です。

尿潜血反応は、一般的に試験紙法によって検査されます。これは、尿中に出てきた赤血球が試験紙に触れて尿潜血反応が陽性になります。この反応は、わずかの血液でも陽性となります。また、筋肉の破壊される病気でも陽性となります。

尿潜血反応が陽性といわれた場合は、尿の沈殿物を顕微鏡でみます。その結果、赤血球が増えていれば、尿路からの出血と確認されます。

したがって、陽性ではないのに陽性であると判断される偽陽性の場合などがありますが、尿路の悪性腫瘍の早期発見に役立ちます。また、健康飲料やサプリメントによるビタミンCを服用している時には逆に偽陰性もあります。このことは検診前の注意事項として知っておくべきことだと思います。

一般検診の検尿で尿潜血が陽性になるのは女性に多くみられます。この背景には膀胱炎を起こしやすいことと共に、月経の影響があります。女性では一般に月経をはさんだ前3~4日、後5~6日の検尿成績、特に尿潜血反応の結果は必ずしも信用できません。

昔から採血で怒る人はあっても、尿を採られて怒る人はないといわれていますので、簡単な検査で色々なことがわかります。また尿潜血が陽性となる病気の多くは、これといった症状がみられません。したがって、健康診断などでたまたま見つかることが大半です。腎臓病などでは、以前から健康診断のたびに尿潜血をいわれていたのに無症状のため放置していて、気づいたら腎不全で透析をしなくてはならなかったということもありますので、原因がはっきり解らなくても定期的な検診をおすすめします。

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
※健康情報テレホンサービス内検索です。