兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

健康情報テレホンサービス

2019年5月

【火曜】5月31日は、世界禁煙デー

5月31日は世界保健機構が制定した禁煙を推進するための記念日です。毎年5月31日が世界禁煙デーとなっており、日本では5月31日から6月6日まで1週間を禁煙週間として「たばこの煙がない環境」をテーマにさまざまな禁煙活動が行われています。

 2020年東京オリンピック開催に向けて、たばこの煙による健康被害を防ぐために、公共施設や飲食店などの屋内の禁煙義務化に向けて条例の制定が加速しています。

 国立がんセンターの報告によると、他人のたばこの煙による被害、いわゆる受動喫煙による死亡者数は年間1万5千人にのぼるそうです。

 家庭内でたばこを吸う人がいると子どもの歯ぐきにニコチンの刺激でメラニン色素が沈着し黒くなります。両親が喫煙する場合子どものおしっこに含まれるニコチンの代謝産物であるコチニン量は30倍にもなります。

 さらにたばこの煙は、子どものぜんそく発作の原因にもなりぜんそくを増悪させてしまいます。幼い子どもたちにとってたばこの煙は、有害無利益に間違いありません。

 しかし最近では、火をつけない加熱式タバコがブームのようですが全く安全とはいえません。たばこの葉には当然ニコチンが含まれるので、加熱して吸い込む水蒸気にもニコチンは入っています。

 煙は出ませんが、白い水蒸気はでるのでやはり受動喫煙の影響は周りにも及ぶでしょう。たばこ会社の宣伝に惑わされず未来ある子どもたちにたばこの煙のない社会をみんなで作っていきましょう。

 たばこが止められないニコチン依存症の人は、禁煙外来の受診をお勧めします。

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
※健康情報テレホンサービス内検索です。