兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

健康情報テレホンサービス

2019年6月

【金曜】毛虫皮膚炎

 毛虫皮膚炎は、毒を持った蛾の幼虫によって起こりますが、幼虫のときの毒針が成虫の尾に残っていて、その成虫に触れることによって起こることもあり、この場合は「毒蛾皮膚炎」と呼ばれます。毒蛾にはドクガ、チャドクガ、モンシロドクガの3種類があります。どの種類によって毛虫皮膚炎が起こるかは、地域や季節によって違いますが、阪神地区ではほとんどがチャドクガによって起こります。この理由として、阪神地区では庭や公園にサザンカやツバキなど、チャドクガが好む植物が多いためと考えられています。

 チャドクガの幼虫つまり毛虫と、雌の成虫は1匹あたり50万から数百万本の毒針を持っているとされています。その毒針1本の長さは0.1mmで、目には見えないほど小さなものです。チャドクガは危険を感じると、その毒針を空中に大量に発射して身を守ります。  この結果、空中に漂った毒針は、近くの人間の皮膚に直接刺さったり、衣服の隙間から入ったりして皮膚に刺さります。洗濯物に付着して間接的に人間の皮膚に刺さることもあります。

この他、毒の針をもったイラガなども同じように毛虫皮膚炎を起します。

 毛虫皮膚炎の症状は、ある日突然、皮膚に直径2mmから3mmの紅色の発疹、つまりブツブツができ、猛烈な痒みを伴います。これには季節性があり、5月、6月と9月にこのような症状が起こったら、まず毛虫皮膚炎を疑います。またイラガの幼虫は毒棘(どくきょく)、つまり毒のトゲも持っており、幼虫の体から突き出したこのトゲを皮膚に刺して、毒液を注入することもあります。この場合は瞬間的に激痛が走り、数分間のうちに皮膚が腫れてきますが、これらの症状は比較的すみやかに消失します。

 治療は、症状が軽い方ならステロイド軟膏を塗るだけで、約1週間で治りますが、ステロイドの飲み薬が必要になる重症の方もいます。適切な治療を受けないと、全身の皮膚が過敏になり、ひじょうに治りにくい状態になる場合もありますので、ぜひ早めにお近くの皮膚科にご相談ください。

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
※健康情報テレホンサービス内検索です。