兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

健康情報テレホンサービス

2022年4月

【金土日】不妊でお悩みの方へ

 不妊症とは、"妊娠を望んで性交を継続的に行っているにもかかわらず一年間以上妊娠の成立をみない状態"と定められております。以前は10組に1組程度といわれていた不妊夫婦の割合は、結婚の年齢や子供づくりを開始する年齢が高くなるに伴って増加しております。現在5~6組に1組の夫婦が不妊に悩んでいるといわれており、不妊は決して特別なことではありません。過去には女性だけに原因があるとして一方的に女性のみが責められることもありましたが、実際はそうではなく男性側、女性側で原因はほぼ半々です。ですから男性にとっては少々敷居が高いと感じられるかもしれませんがご夫婦そろっての受診がとても重要になります。

 不妊原因の中で最近特にクローズアップされているのが、女性の年齢が高くなることに伴う不妊です。女性の年齢があがると卵子の質が低下して妊娠しづらくなります。また妊娠しても流産の頻度が高まり、結果として出産できない方が増えてきています。卵子の質は30歳を超えると徐々に下がり始め、35歳以後は急激に低下していきます。残念なことに年齢による卵子の質の低下に対する有効な治療の方法がありません。従いまして卵子の質が保たれているうちに妊娠、出産することがとても重要になります。

その様な訳で赤ちゃんを望んでも授からない場合は、早めに受診することをお勧めしております。受診後はまず不妊の原因を突き止めるための検査を受けていただきます。治療法としてはタイミング療法、人工授精法、体外受精などの高度生殖医療があります。

 検査の結果を考慮しながら一般的には自然に近いタイミング療法からスタートし、経過を見ながらより妊娠率の高い高度な治療へと進んでいきます。これがステップアップ法と呼ばれる方法で最も少ない負担での妊娠を目指す合理的なやり方です。ただこの方法の最大の欠点は時間がかかることです。年齢的に余裕がなかったり、卵巣の機能低下が始まっている方は早い段階でステップの高い治療を選ぶことも可能です。

 2022年4月からは人工授精や体外受精などの不妊治療に健康保険が適用されています。これにより経済的な負担が軽減されて体外受精など高度な不妊治療が受けやすくなりました。ただし、治療を受ける年齢やパートナーとの関係など、一定の要件がありますので、詳しくは保険医協会事務局までお問い合わせ下さい。

 不妊で悩まれている方はできるだけ早く専門医に相談されることをお勧めいたします。

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
※健康情報テレホンサービス内検索です。