兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

保険請求Q&A

【会員医療機関の皆さまへ】
この内容は掲載日時点のものです。その後の疑義解釈通知や点数改定等により変更している場合もありますので、
最新の内容は協会までお問い合わせください。

医科

保険請求QandA

〈乳児に対するRSウイルス抗原検査が保険適用に〉

Q1 RSウイルス感染症が疑われる乳児に対して、RSウイルス抗原検査を行うことは可能か。

A1 可能です。従前、RSウイルス抗原検査は入院患者のみに限定されていましたが、2011年10月17日の厚生労働省保健局医療課長通知(保医発1017第1号)により、保険適用の対象患者として、入院患者以外に、乳児およびパリビズマブ製剤の適用患者が追加されました。
(参考)
RSウイルス抗原は、下記のいずれかに該当する患者について、当該ウイルス感染症が疑われる場合に適用する。
 ア 入院中の患者
 イ 乳児(1歳未満)
 ウ パリビズマブ製剤の適用となる患者

Q2 RSウイルス抗原検査はどの項目で算定するのか。

A2 D012(感染症免疫学的検査)18のRSウイルス抗原(150点)および免疫学的検査判断料(144点)を算定します。

2011.11.25

会員ページトップ
※保険請求Q&A内検索です。