兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

保険請求Q&A

【会員医療機関の皆さまへ】
この内容は掲載日時点のものです。その後の疑義解釈通知や点数改定等により変更している場合もありますので、
最新の内容は協会までお問い合わせください。

医科

医科保険請求QandA

〈超音波検査〉

Q1 超音波検査を、同時に、または同一月に2回以上実施した場合、どのように算定するか。

A1 下記のように算定します。
1945_01.gif

Q2 4月の診療報酬改定において、患家にて超音波検査を行った場合の取り扱いについて、どういった変更があったか。

A2 患家に訪問診療を行った際に超音波検査の「2 断層撮影法」を実施した場合、「イ 訪問診療時に行った場合」(400点)を算定することとされました。なお、訪問診療ではなく往診を行った際には、従来通り「ロ その他の場合」を算定します。

Q3 カルテの記載内容について、どういった変更があったか。

A3 超音波検査の画像をカルテに添付することとされました。

Q4 レセプトの記載内容について、どういった変更があったか。

A4 「2 断層撮影法」の「ロ その他の場合」の「(1)胸腹部」について、検査を行った領域を下記から選択し、レセプトに記載することとされました。
ア 消化器領域
イ 腎・泌尿器領域
ウ 女性生殖器領域
エ 血管領域(大動脈・大静脈等)
オ 腹腔内・胸腔内の貯留物等
カ その他(具体的な臓器又は領域を記載する)

Q5 上述のレセプト記載内容について、「レセプト電算処理システム用コード」の選択が必要か。

A5 コードの選択が求められるのは、2020年10月診療分以降となるため、9月診療分までは上記のア~カの領域名を記載することでもよいとされています。

2020.06.25

会員ページトップ
※保険請求Q&A内検索です。