兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

保険請求Q&A

【会員医療機関の皆さまへ】
この内容は掲載日時点のものです。その後の疑義解釈通知や点数改定等により変更している場合もありますので、
最新の内容は協会までお問い合わせください。

歯科

歯科保険請求QandA(73)

〈支払基金 歯科審査情報提供事例より 2015年8月31日付で追加〉

 支払基金は8月31日に、審査情報提供事例(歯科)を追加しました。これは、審査の透明性を高め、審査の公平・公正性に対する関係方面からの信頼の確保を目的に一般的取り扱いとして公表されています。なお、個別の審査で画一的、一律的に取り扱われるものではないことをご留意ください(過去の事例は支払基金ホームページでご確認ください)。

37 時間外緊急院内画像診断加算

○取り扱い
 原則として、歯科診療において緊急に画像診断を行う必要があって、処置、手術の実施がなく、点滴注射が実施されている場合における時間外緊急院内画像診断加算の算定を認める。
○取り扱いを定めた理由
 保険医療機関が表示する診療時間以外の時間、休日または深夜に入院中の患者以外の患者に対して、緊急に画像診断を行う必要性を認め画像診断および診断を実施し、当該診断の結果、点滴注射のみを実施する場合があるものと考えられる。

38 う蝕歯インレー修復形成(2)

○取り扱い
 原則として、印象採得を算定し咬合採得の算定がないう蝕歯インレー修復形成の算定を認める。
○取り扱いを定めた理由
 一般的には、う蝕歯インレー修復形成を行う場合は咬合採得が必要となるが、対合歯が存在しない等、咬合状態により印象採得後、咬合採得を必要とせずインレー修復による治療が可能となる場合もあると考えられる。

〈2015年9月30日期限の経過措置医薬品(歯科関連の主なもの)〉

 名称変更(旧→新)
・ザトフェロン錠80→ザルトプロフェン錠80㎎「サワイ」
・セフカペンピボキシル塩酸塩錠75㎎「マイラン」→セフカペンピボキシル塩酸塩錠75㎎「ファイザー」※100㎎も同様
・セフジニルカプセル50㎎「マイラン」→ セフジニルカプセル50㎎「ファイザー」※100㎎も同様
・ワイドシリン細粒100→ワイドシリン細粒10%
・ワイドシリン細粒200→ワイドシリン細粒20%



◆集団的個別指導の今年の実施予定歯科医療機関数は239件。協会は、高点数を理由とした萎縮診療を強いる集個は廃止を求めています。

 集団的個別指導(集個)は、「教育的観点から指導を実施し、レセプト1枚当たりの平均点数が高いことを認識させ、保険診療に対する理解を一層深めさせることを主眼として行うものとする」(指導大綱関係実施要領より)、翌年度においても高点数保険医療機関に該当した場合、翌々年度に個別指導の対象となることを伝えることとされています。
 兵庫県の歯科平均点数は1291点(昨年度より2点マイナス)です。算出は、県の対象保険医療機関数2988件から、県の平均点数の1.2倍にあたる1550点を超える医療機関を算出(926件)し、レセプト枚数が10件未満と少ない医療機関(25件)を除くと901件。そこから2013年度・2014年度に集個(413件)、個別指導(67件)を受けた医療機関を除外した421件が対象候補。高点数順に上位8%分を選定した239件が今年度の実施予定件数です。指導対象のうち、最高平均点は4116点、最下位点数は1690点です。例年、神戸と姫路の2会場で10月以降の木曜午後に1時間半程度講習会形式で実施されています。通知は、実施日の3週間前に普通郵便で届くので要注意。通知が届いた先生はどちらかの会場に必ずご出席ください。
 個別指導を恐れて必要な診療や検査をせず萎縮診療に陥ることがあってはなりません。協会は、高点数を理由とした、医療費抑制策のための集個は廃止して、以前行われていた地区別指導のような、全ての医療機関が受講する教育的な集団指導の充実を求めています。

2015年度集団的個別指導対象件数算出表※
1793_09.gif

2015.09.15

会員ページトップ
※保険請求Q&A内検索です。