兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

専門部だより

環境・公害対策部だより

【声明】米山隆一新潟県知事の「再稼働強行なら訴訟」発言を支持する

2018.02.04

米山隆一新潟県知事の

「再稼働なら訴訟」発言を支持する

兵庫県保険医協会

第1070回理事会

 米山隆一新潟県知事は報道によると1月24日、再稼働への準備が進められている東京電力柏崎刈羽原発について、「県知事には再稼働にものを言う権限がある。県が独自に行っている福島原発事故の検証を待たずに再稼働をすれば、差し止め訴訟をすることになる」と述べたとされている。いのちと健康をまもる医療者として、この発言を支持する。

 柏崎刈羽原発は、福島原発と同じ沸騰水型であり、同様の事故を起こす可能性を内包した危険な原発である。政府、東電は福島原発事故の原因を津波による電源喪失に求めようとしているが、原因はいまだに究明されておらず、事故の収束もいまだ見通せてはいない。原発事故後の被災者対応を見ても、東京電力に原発を運転させる管理・運営責任能力、適格性があるとは思えない。新潟県が独自に三つの検証委員会を立ち上げ、原発事故の原因や健康への影響、重大事故発生時の避難方法を調査し、検証結果が出るまで再稼働の議論に応じず、訴訟も辞さないというのは、県民の安全を考えると当然の主張である。

 われわれは、いのちと健康をまもる医療者として、事故による放射能汚染の危険性を内包し、安定処分できない危険な核廃棄物を出し続ける原子力発電所の新設、増設、再稼働を到底容認することはできない。

 東京電力には、原発ゼロを求める国民の声に耳を傾け、柏崎刈羽原発の再稼働を断念し、今すぐ廃炉にすることを、政府には原発の新増設、稼働・再稼働、海外輸出を中止し、脱原発政策を推し進めるよう強く求める。

共済部だより 税経部だより 歯科部会だより 政策宣伝広報委員会だより 環境公害対策部だより 文化部だより 女性医師・歯科医師の会 薬科部だより 保険請求Q&A 審査対策部だより 融資制度のご案内 医療活動部だより