兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

専門部だより

政策宣伝広報委員会だより

国会行動 厚労省交渉 消費税増税・推進法は廃止に

2012.11.25


11月15日、保団連中央要請行動が行われ、兵庫からは武村義人副理事長(保団連副会長)、加藤隆久理事、船原隆行評議員など8人が参加した。

 院内集会が開催され、「高すぎる国保料を下げなければならない」「まだ消費税増税は決まったわけではない」と、総選挙に向けた議論が交わされた。
 地元議員要請では、田中康夫(新党日本)、岡田康裕(民主党)両衆議院議員、石井一(民主党)、山下芳生(日本共産党)両参議院議員に面会し、70~74歳の窓口負担の2割への引き上げ反対、消費税増税と社会保障制度改革推進法の廃止、県立こども病院のポートアイランド移転計画撤回などを要請した。
 田中氏は、TPP反対の立場を明確にし、患者負担軽減でも請願署名の紹介議員になると述べた。岡田氏は、窓口負担軽減は税収が確保されない限り難しいとしながらも、消費税増税のタイミングが今なのかは疑問であると述べた。石井氏は、窓口負担の引き上げに反対の姿勢を示した。こども病院の移転計画について国会質問を行った山下氏は、災害時の医療機関の重要性など、医療分野からもこの3年間を問う選挙になると述べた。

高点数指導やめよ


 同日行われた厚労省交渉には武村副理事長が参加し、医療指導監査室、保険局医療課に「高点数への指導をやめよ」など指導・監査に関する要請を行った。
 

共済部だより 税経部だより 歯科部会だより 政策宣伝広報委員会だより 環境公害対策部だより 文化部だより 女性医師・歯科医師の会 薬科部だより 保険請求Q&A 審査対策部だより 融資制度のご案内 医療活動部だより