兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

専門部だより

政策宣伝広報委員会だより

県知事選挙 田中耕太郎氏と政策協定 福祉医療大切にする県政に

2013.06.15

 協会は7月21日投開票が予定されている兵庫県知事選挙にあたって、憲法が輝く兵庫県政をつくる会(憲法県政の会)代表幹事で、知事選立候補を表明した田中耕太郎氏と、「開業保険医の重点要求(案)」の全項目について合意し、政策協定を結ぶとともに、田中氏を支持推薦することを決めた。

 知事選挙にあたって協会は、5月25日の理事会で基本方針(案)、要求(案)を、支部からの意見を受けて一部修正のうえ、承認(前号既報)。
 これを受けて6月1日、池内春樹理事長、武村義人・加藤擁一両副理事長が、田中氏に「開業保険医の重点要求(案)」を示して政策協定を要請した。
 田中氏は、「井戸県政に対する評価は一致している」「内容に、全面的に賛成する。県立こども病院のポートアイランド移転問題をはじめ、福祉医療制度の改善は重要。医療担当者の意見に耳を傾ける県政にしていきたい」などと決意を述べ、政策協定に同意した。
 池内理事長は井戸県政について、その12年間を通して、医療担当者として分析、評価した結果、県政を変えたいというのが私たちの思いだと強調した。
 田中氏が知事選挙に立候補するのは前回に続いて2回目。前回は、現職の井戸氏が108万票に対して、田中氏は49万票、得票率は31%だった。

選挙活動は有志の会で

 方針では、協会としては支持推薦するものの、会員の思想信条の自由を保障する立場から、選挙活動は有志の会(憲法が輝く兵庫県政をつくる医師・歯科医師の会)で行うとしており、この間の経緯と田中氏の紹介など、月内に会員に情報を届けた上で、有志の会への賛同を呼びかけることにしている。

選挙支援は 「憲法が輝く兵庫県政をつくる医師・歯科医師の会」へ 

世話人代表  武村 義人


 知事選挙まであと一カ月あまりです。
 普段は国政の医療改悪の陰に隠れて目立ちませんが、県政が県民医療にあたえる影響は、実はきわめて大きいものがあります。
 県立病院のあり方はその一つですが、井戸現知事は、県立こども病院のポートアイランド移転問題は、「私の責任でやります」と断言しています。福祉医療の削減もひどいものです。
 また、「アベノミクス」やTPP容認、さらには原発再稼働推進などでも、県民の思いを代表するとはいえない姿勢です。
 県民医療に責任をもつ県政に転換してほしい、この思いはおそらく多くの会員の実感ではないでしょうか。
 田中耕太郎氏を応援しようと6月12日、有志で「憲法が輝く兵庫県政をつくる医師・歯科医師の会」をたちあげました。ご支援をいただける方は、ぜひご参加ください。会は、募金や弁士活動などに取り組むことにしております。何とぞご理解とご支援を賜りたくお願い申し上げます。

写真を見る
共済部だより 税経部だより 歯科部会だより 政策宣伝広報委員会だより 環境公害対策部だより 文化部だより 女性医師・歯科医師の会 薬科部だより 保険請求Q&A 審査対策部だより 融資制度のご案内 医療活動部だより