兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

専門部だより

政策宣伝広報委員会だより

安倍政権に一言! --会員の声-- (3) 企業の利益でなく国民守る政策を 神戸医療生協・番町診療所 長田区 松岡泰夫先生

2013.12.05

TPP参加で医療格差が拡大

 --安倍首相は3月にTPP交渉参加を決め、交渉会合が進んでいます。
 昨年の衆議院選挙で自民党は「断固反対」と言っていたのに、二枚舌で情けないですね。
 このままでは国民皆保険が骨抜きにされるのではないでしょうか。保険証が2枚必要になり、簡単な安い医療は国の保険で、あとは民間保険でということになり、医療格差が拡大してしまいます。民主医療機関連合会のような、患者さん目線で医療を行おうとする医院はつぶれてしまうでしょう。
 株式会社は営利目的なので、小児科は採算がとれないため撤退、産科は訴訟リスクが高すぎて撤退、となると国民の医療はどうなってしまうのかと思います。

美しい国残すため原発に反対

 --原発再稼働も行われようとしています。
 福島原発事故があったのに何を考えているのでしょう。福島県民の方や避難している方々は、本当につらいだろうと思います。安倍首相は、美しい国、故郷を子孫に残すなどと言っていますが、それならば、あんな事故を起こし、どこにも捨てられない放射性廃棄物を生み出す原発を推進するのはおかしい。私は、美しい故郷を残したい。だから、原発には賛成できません。
 あんな危険なものを経済論理だけで推進するのがおかしい。協会の安斎育郎先生の講演会などで知りましたが、原発があれば儲かるという電力会社やプラントメーカーなどの企業、政府や学者、マスコミなどが一体化した原子力村が、自分たちの利益のためだけに、安全性を削って削って、原発を残そうとしている。
 このシステムを覆すため、幅広い方と連帯して、支えていきたいと思っています。神戸の関西電力前で毎週金曜日に市民が続けている原発反対のアピール行動にも、できるだけ参加しています。

学んだことを共有し連帯広げたい

 --国家が指定した「特定秘密」を漏らしたり知ろうとした者に厳罰を科す「特定秘密保護法案」が、衆議院で強行採決により可決されました。
 急に法案が出てきて「教唆」だ「扇動」だと言いますが、何を指しているのかがよく分かりません。原発の情報も「特定秘密」になれば、知ろうとするだけでも「教唆」などとされて捕まってしまうのでしょうか。
 詳しく知りたいと思っても、テレビではこの問題はほとんど放送されていません。幹部が首相と会食をするようなマスコミでは、真実は伝えられないでしょう。
 自民党でも野中広務さんや古賀誠さんら引退した方は反対の声を上げているようですが、現職の自民党議員が皆、金太郎飴のようになってしまいました。今回賛成した議員を、次の選挙まで覚えておかなければならないですね。
 政治を馬鹿にせず、学習し、学んだことを共有していくことが大切だと思います。
 協会は、医療問題から平和や原発と、面白い講演会や企画をいつも開催しているので、参加し学ばせてもらっています。すばらしい取り組みをされているので、もっと市民にも広く伝わればいいと感じます。
 --ありがとうございます。これからも協会活動へのご意見・ご協力お願いします。
 

写真を見る
共済部だより 税経部だより 歯科部会だより 政策宣伝広報委員会だより 環境公害対策部だより 文化部だより 女性医師・歯科医師の会 薬科部だより 保険請求Q&A 審査対策部だより 融資制度のご案内 医療活動部だより