兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

専門部だより

政策宣伝広報委員会だより

インタビュー(2) ストップ!患者負担増 署名 『負担減らしてほしい』思いを国に届けましょう 東灘区・神吉外科内科  神吉 明子先生

2016.06.25

 この署名のことを初めて知ったのは、3月の診療報酬改定研究会でした。司会の先生が患者負担増計画について教えてくださり、「大変なことが行われようとしているのに、患者さんはほとんど知らない。計画を知らせて何とかストップさせないと」と思い、医院で署名を集め始めました。
 まずスタッフに協力を訴えると、スタッフ本人だけでなく友人の分の署名も集めてくれました。受付に署名用紙、ポケットティッシュを置き、私から患者さんに声をかけるとほとんどの方に協力いただけました。
 政府は、漢方薬などを保険から外そうとしています。たとえば大建中湯という漢方薬は腸閉そくの予後の改善につながりますが、漢方薬が全額自己負担になると、患者さんの負担がとても重くなります。
 また、患者さんが先発医薬品を希望すると、ジェネリックとの差額を負担させようとしています。今でさえ先発品を指定していても薬局がジェネリックを処方していることがあります。先発品と後発品は人によって効き目に違いがあり、その人の病状に合った薬を処方しているのに、困ってしまいます。
 患者さんの負担は今でも重く、受診回数を減らそうと計算され、薬もできるだけ長期で処方をしてほしいと頼まれることが増えています。これ以上負担が増えれば、患者さんは受診したくてもできなくなり、本当に困ったことになると危惧しています。
 医療・介護制度の改悪については、法律が施行される直前までなかなか報道されず、私も研究会で教えてもらえなければ知らないままだったでしょう。協会には政府の進める患者負担増計画についてもっと知らせてほしいと思います。
 患者さんの「負担を減らしてほしい」という思いを政府に伝えるには署名か選挙しかないということも教えていただきました。私も微力ですが引き続きがんばりますので、他の会員の皆さまも、協力いただけたらと思います。

共済部だより 税経部だより 歯科部会だより 政策宣伝広報委員会だより 環境公害対策部だより 文化部だより 女性医師・歯科医師の会 薬科部だより 保険請求Q&A 審査対策部だより 融資制度のご案内 医療活動部だより