兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

専門部だより

政策宣伝広報委員会だより

2・3ひょうご25条集会 憲法25条の生存権守る取り組みスタート

2018.02.15

1869_02.jpg

憲法25条と9条は「双子の兄弟」と重要性を語る二宮厚美・神戸大学名誉教授

 兵庫県社会保障推進協議会は2月3日、神戸市勤労会館で「2・3ひょうご25条集会」を開催し90人が参加した。協会から吉岡正雄副理事長が、同会会長として出席し、「憲法25条と保険医協会における歯科医療改善運動」を報告した。
 集会は中央社会保障推進協議会が提起した「25条署名」を広げるスタート集会として開催された。「25条署名」は、社会保障を国の責任で拡充すること、社会保障予算を大幅に増額することの2項目。加盟各団体が取り組む社会保障拡充にかかわる署名も加えて、10万筆を兵庫の目標にすると提起された。
 神戸大学名誉教授の二宮厚美氏が学習講演。安倍政権は2018年を「改憲元年」として改憲を推し進めようとしているが、25条と9条は平和的生存権を保障する「双子の兄弟」であるとし、憲法前文にある「ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利」を現代に生かす重要性を語った。
 そして、生存権条項を持たないアメリカでは、底なしの貧困が広がったため若者が軍に入隊せざるを得ない経済的徴兵制が引き起こされていること、他方、ヨーロッパの先進国など生存権条項をなんらかの形で持つ国では、労働権や高い社会保障の水準が保障されているなどとした。
 社保協加盟の各団体から、子どもの医療費無料化と就学援助制度充実や、国保に加入できない業者の実態、介護ウェーブの取り組み、年金裁判、生存権裁判、障害問題などが報告され、社会保障拡充への取り組みを交流した。
共済部だより 税経部だより 歯科部会だより 政策宣伝広報委員会だより 環境公害対策部だより 文化部だより 女性医師・歯科医師の会 薬科部だより 保険請求Q&A 審査対策部だより 融資制度のご案内 医療活動部だより