兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

専門部だより

署名協力のお願い

「医療・介護の負担増の中止を求める」請願署名 ご協力のお願い

1827_03.jpg

理事長 西山裕康

 早春の候、益々ご清栄のことと存じます。平素は協会の活動にご理解、ご協力いただき誠に有難うございます。

 さて、今国会では、さらなる医療や介護の負担増が提案されています。その内容は、
①70歳以上の患者窓口負担限度額引き上げ
②65歳以上の療養病用の患者に対する光水熱費の負担の引き上げ
③後期高齢者の低所得者などの保険料引き上げ
などです。そればかりではなく、
「受診するたびに定額の窓口負担を上乗せする」
「薬局で買える薬は保険からはずして自費負担」
など、あらゆる世代を対象とした負担増も議論されています。

 これらの制度改悪が実施されれば、生活の苦しい人を中心に受診抑制が進み、病気の早期発見や治療が難しくなる事は明らかです。今声を上げなければ、更に負担は上がり、皆様にも大きく影響してきます。

 つきましては、お忙しいこととは存じますが、なにとぞご協力を賜りたく、お願い申しあげます。

 取り組みの詳細につきましては下記をご参照ください。

一、実施期間は5月末までです。
一、署名用紙の「取扱医療機関」欄に、団体名・医療機関名をご記入ください。ゴム印等でもかまいません。
一、ご返送は、同封の返信封筒をご利用ください。切手は不要です。

以上

この件に関するお問い合わせは、担当事務局(TEL 078-393-1807/FAX 078-393-1820)まで

署名用紙(PDF)はこちら ※下記署名フォームからも署名できます。

は必須項目です。

署名

衆議院議長 殿
参議院議長 殿

医療・介護の負担増の中止を求める請願署名

格差や貧困が広がり、年金制度への不安がつのるなか、私たちの負担はもう限界です。
私たちは、以下の事項を求めます。

一、医療・介護の負担増を中止してください
・受信するたびに定額の窓口負担を上乗せしないこと
・湿布薬、痛み止め、うがい薬、漢方薬などを保険からはずさないこと
・70歳以上の患者負担限度額(高額療養費)を引き上げないこと
・入院時の光熱水費の負担を増やさないこと
・後期高齢者の保険料を引き上げないこと
・介護利用料の引き上げをはじめ、介護分野の負担を増やさないこと

私の一言
住    所
氏    名

記入が終わりましたら下の「送信内容を確認する」ボタンを押してください。
個人情報の利用は、利用目的の範囲に限り行います。

共済部だより 税経部だより 歯科部会だより 政策宣伝広報委員会だより 環境公害対策部だより 文化部だより 女性医師・歯科医師の会 薬科部だより 保険請求Q&A 審査対策部だより 融資制度のご案内 医療活動部だより