兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

行事案内

診療内容向上研究会 第529回
身近な疾患−便秘型IBS治療についての話題−

日 時 6月3日(土)17時〜
会 場 協会5階会議室
講 師 順天堂大学医学部附属静岡病院 消化器内科 教授 永原 章仁先生
共 催 アステラス製薬
   IBS(Irritable Bowel Syndrome:過敏性腸症候群)は、排便、便の頻度や形状に関連して腹痛を来すものであり、誰もが経験する症状である。わが国でのインターネット調査でも有病率は13%と高率である。IBSは、便秘型、下痢型、混合型、分類不能型に分けられる。その病態は、ストレスに対する過剰反応により、腸管運動異常、知覚過敏がもたらされ、さらに、腸内細菌、炎症、遺伝などが複雑に交絡していると考えられている。
 便秘型IBSの薬物治療は、日本消化器病学会のガイドラインでは粘膜上皮機能変容薬、プロバイオティクス、高分子重合体、下剤が推奨されている。国際的定義であるRomeⅣでは、サイリウム(オオバコ)、ポリエチレングリコール(わが国では大腸内視鏡の前処置にのみ適応)、ルビプロストン、リナクロチドが推奨されている。
 2017年3月、リナクロチドが便秘型IBS治療薬として保険承認された。治験結果からは、全般改善度、腹痛・腹部不快感、便形状、便回数ともに改善し、52週にわたる長期投与においても効果が維持された。諸外国と比較して、わが国では保険で処方できる薬剤が限られているが、リナクロチドの承認により、ようやくギャップが縮まったのである。
【永原 記】
バックナンバー

審査・指導相談日

【日時】
2017年7月13日(木)15時~
※毎月第2木曜日
【会場】
協会5階会議室
【お問い合わせ先】
医科は事前予約制
電話:078-393-1803まで
歯科は随時
電話:078-393-1809まで
「指導通知」 が届いたら、 まず保険医協会にご連絡ください。
『月刊保団連』 同封の 「保険審査相談用紙」 をご利用ください。