兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

行事案内

診療内容向上研究会 第538回
循環不全徴候の早期発見とフォローの重要性

日 時 3月10日(土)17時〜
会 場 協会5階会議室
講 師 京都岡本記念病院総合診療科 高岸 勝繁先生
   救急のみならず一般外来、在宅診療、入院診療において循環不全徴候を早期に察知することは重要です。早期に察知することで後の急変を予防したり、入院後の全身管理も容易となります。
 循環不全の評価には血液検査や血行動態のモニタリングがもちろん有用ですが、救急初療や外来、在宅ではそれら検査よりもバイタルサインや身体所見で迅速に循環不全を察知し、そしてフォローすることが大事です。
 どのような身体所見、そしてバイタルサインに注目しているかをエビデンスを交えて解説するとともに、循環不全の早期発見・早期対応の重要性を発熱症例を元に解説したいと思います。【高岸 記】
お申し込み
お問い合わせ
電話078-393−1840まで

審査・指導相談日

【日時】
2018年5月10日(木)15時~
※毎月第2木曜日
【会場】
協会5階会議室
【お問い合わせ先】
医科は事前予約制
電話:078-393-1840まで
歯科は随時
電話:078-393-1809まで
「指導通知」 が届いたら、 まず保険医協会にご連絡ください。
『月刊保団連』 同封の 「保険審査相談用紙」 をご利用ください。
バックナンバー2017年 バックナンバー2016年 バックナンバー2015年 バックナンバー2014年 バックナンバー2013年 バックナンバー2012年 バックナンバー2011年 バックナンバー2010年