兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

当協会について

理事長のページ

第21回日常診療経験交流会のご案内

2012.10.05

 

第21回日常診療経験交流会へみんなで集まろう
兵庫県保険医協会理事長 池内 春樹

 JR神戸駅南の「神戸市産業振興センター」へみんなで集まりましょう。

 10月28日(日)は、兵庫県保険医協会の秋祭り「第21回日常診療経験交流会」です。参加者全員に協会各支部の特産品がもれなく当たります。ぜひ、ご家族やスタッフのみなさまとご参加をお待ちしています。

 今回のテーマは「五感!六感!!ふれあう医療〜感性を研ぎすまして」です。

 特別企画として「今さら聞けない、教えて〜医科・歯科・薬科の連携へ他科に聞いてみたいちょっとしたこと」を計画しました。小生も「さし歯」とはどんな治療ですかと質問しています。回答は当日なので、今から楽しみです。質問はどんどん協会研究部へお寄せください。

 恒例の医科・歯科・薬科交流企画は「抗凝固剤の最近の知見」です。最近、食事制限を気にすることなく使用できる抗凝固剤が開発されています。高脂血症よりも血管内凝固や血小板凝集の方が、脳梗塞や心筋梗塞と関連するとの知見も話題になっています。抗凝固剤の使用量も急増が予想されます。抜歯の時、抗凝固剤をどうするかももう一度再確認しましょう。

 いざという時のためにCPRの講習会も年に一度は受けましょう。展示コーナーには、恒例の「あなたと私の展示会」や前回評判の良かったポスターセッション、院内新聞、情報ネットワークコーナーや兵庫協会会員も利用できる大阪府保険医協同組合のコーナーがあります。

 恒例のプレ企画は10月6日「心肺蘇生法実技講習会」や、診療内容向上研究会「不定愁訴への対応」、13日の同研究会「プライマリ・ケアの現場で役立つ一発診断〜一目で見ぬく診断の手がかり〜」、27日には福島県南相馬市の大町病院の看護部長・藤原珠世氏をお招きして「東日本大震災の教訓から学ぶ」と題してご講演をいただきます。

 みなさまのご参加を心からお願い申し上げます。


→全体のプログラムなどはこちら

理事長挨拶 保険医協会とは 理事長のページ 協会に関するQ&A 理事会スポット