兵庫県保険医協会

会員ページ 文字サイズ

当協会について

理事長のページ

2014年・新年のご挨拶

2014.01.01


 

平和と社会保障と教育を充実させる年に
兵庫県保険医協会理事長 池内 春樹


 兵庫県保険医協会会員のみなさま、あけましておめでとうございます。

 今年は馬年。馬といえば人馬一体。中でも首都圏を空襲から守ろうと硫黄島で玉砕した西大佐と愛馬ウラヌスの絆が思い出されます。戦争の悲劇は二度と繰り返してはなりません。

 去年成立した「特定秘密保護法」は国民全てをスパイとみなす「国民総スパイ法」で、戦前の「治安維持法」を思い出させる、憲法97条の基本的人権侵害の悪法です。何としても撤廃させねばなりません。

 憲法違反といえば、一票の格差も改善していません。最高裁でも違憲判決が出されました。違憲状態の衆議院選挙、参議院選挙で大勝した安倍政権は、憲法改悪を行おうとしています。

 少子高齢時代の今こそ、「子どもは国の宝」「国のために国民があるのでなく、国民のために国がある」との基本認識を広める必要があります。そのためには平和と社会保障と教育の充実がかかせません。

 安倍首相は景気を回復するため財界に賃上げを求めましたが、受け入れたのは数社にすぎません。今年は診療報酬の改定年です。診療報酬のアップこそが、地域経済を支えている医療や介護に関わっている人々の人件費の底上げになり、景気回復の大きな原動力であると地元選出国会議員に訴えましょう。

 ふるさと兵庫、日本をすばらしいものにするため、みなさまの絶大なご支援ご協力をお願いいたします。

理事長挨拶 保険医協会とは 理事長のページ 協会に関するQ&A 理事会スポット